気軽に始めるイラスト!楽しもう~

kigarunieo.exblog.jp
ブログトップ

明日のチケット(ここまでのあらすじ・・・その2)全部読むほど暇じゃない場合に

一昨日の続きです(^_^;)
************
数日後、バートとソフィアは、先日の高校生のカップルの男の子の方が、別の女の子と楽しげにサーカスに来ているのを目撃してしまう。恋の成就を願ってキャンディーを買ってくれた女の子の祈願は叶ってないとソフィアに突っ込まれるバートだった。
翌日、街で、今度は女の子の方とばったり出会ったバート。迷った末に、彼がほかの女の子といたと伝える。彼女はある程度覚悟をしていたのか、少し寂しそうだったが、割とすんなり納得。徐々に彼女に興味を持ち始めたバートは、彼のどこが好きだったのかを尋ねてみると、勉強を教えてくれるし、とてもカッコいいといった話をする彼女に、勉強なら自分も教えられると話す。実は父親が、何があっても勉強したことは必ず自分を助けると進学校で学び、高成績で卒業していた。父親にしたら、必ずしもサーカスで我が子が通用するかどうか分からないことも見据えた親心だった。バートは彼女に目の前で自分が覚えたちょっとしたパフォーマンスを見せると、彼女は笑顔になり、打ち解けたことで改めて互いに自己紹介をした。彼女の名前はアリッサと知る。
ソフィアにこのことを話すと、ここでは誰でも出来るようなことで、女の子にアピールするなんて、とちょっと呆れる。
一方、オルゴールの一件から、バートの母親メアリーは、団長に挨拶に行くと言い出しサーカスを訪れ、そこで団長ジムと夫人のケイトにとんでもない過去を告白する。それは、自分の産んだ赤ちゃんを不意の病で失ったことで自責の念にとらわれ、自殺をも考えていた時にたまたま聞こえて来た赤ん坊の泣き声に引き寄せられ、寂しさのあまり団長夫妻の長男を連れ去ったと。自宅でのメアリーの困惑の様子は、その時に枕元に今回バートが持って帰って来たものとそっくりのガラス細工のオルゴールがあったのを思い出しての反応だった。そのままその子供を抱き上げ連れ去り、自分の子供として育てた。それがバートだと。最初はジムもケイトも信じられない受け入れられないと憤るも、立派な良い子に育ったバートに、メアリーとその夫がどれだけ大切に育ててくれたのか、ということに目を向けて、考え直し、メアリーを許す気持ちを持ち始めた。
バートは母親が見に来るからということもあり、本番の舞台に立たせてもらえることになり、初めてお客さんの前に。見事に本番の演技を終え、終演後はこれまで応援してくれたみんなと喜びを分かち合う。当日見に来ていたジャックは、ずっと側でバートを見てきたソフィアが感激してバートにハグする姿に、心中穏やかでない。
その喜びの翌日、バートも自分の生い立ちの事件を知るところになり、ショックを受け、どうしていいのか気持ちのやり場を見失う。そんな傷心のバートを街で見かけたジャックが、心配して昼食に誘いだし、バートが悲しそうな顔をしていたら、周りはみんな心配するだけだから、素直に今までに通りにしていれば良い、何かを失ったのではなく自分には家族が増えたのだと思うようにと助言する。
バートがサーカスに戻ると、マーメイドとエディー、ソフィアが心配げに上を見ていた。娘のサラが、子守をしていたマーメイドのちょっとした隙をついて、いたずらをしでかし、とても高い所に登っていた。バートが気を利かせて、サラを刺激しないように上まで行く。ここは特別な場所、勝手に登ってはいけない、サラに何かあったらどうしようと、パパとママが心配していると幼いサラを諭すうちに、ハッとする。自分のことも、育ての親はこうしてずっと愛し、心配して、慈しみ、育ててくれたんだ、生みの親のジムとケイトも自分がいなくなった時、愛している我が子が突如消えてしまい、どれだけ悲しんだのだろうかと思うと涙が溢れてきた。
バートは無事にサラを下まで連れて降りて来ると、エディーとディアナが、サラを叱り、納得させた後、愛おしそうに抱きしめる姿に、親というものの大変さ、深い優しさを見た。
その一件を団長に報告する、エディーとディアナのところに、ソフィアもやって来て、ソフィアは、また再び表舞台に立ちたいと申し出るのだった。
数日が過ぎ、ある雨の日、バートに勉強を教えてもらう約束を継続していたアリッサが、会える時は会って、無理な時はノートをやり取りして、親交を深めていたが、しばらく彼に会えなかったことで、気になって、衝動的にサーカスにやってきて明日のチケットを買い求める。
アリッサらしき女の子が来たことを知ったバートは、チケットを売ったマックスに、彼女は明日来るのかと尋ねると、マックスはチケットを買ったんだから来るだろうと当たり前に言った。

***************************

というような
かんじのあらすじです。いかがでしょう。(^_^;)


by kigaruni_eokaku | 2018-12-23 06:29 | 物語 | Comments(0)

自作のイラスト・物語、手作り品の紹介など。


by kigaruni_eokaku