気軽に始めるイラスト!楽しもう~

kigarunieo.exblog.jp
ブログトップ

*雪雲劇場*を読んで頂いた方、ありがとうございました

月と花のあとがき

こんばんは。月と花、終わりました。まずは、お忙しい中、いつも時間を割いて読んでいただいた皆様、ありがとうございました。今本編を読んでる方は、ネタバレもあるかもしれないので、できれば本編読んでからこちらに、来て頂くといいかなと思います。ま、そんなたいそうなもんやないけど。(笑)
少年の名前は結局なんだったんや?とか、マリーを食堂に置いていったのは両親なのか、はたまた実は、もっと前に両親がいなくなっていて(死別かなんか)、身内の誰かが預かったものの、持て余して無責任に置いていったのか、二人はどこいってん?とかなんで髪の毛青になるの?とか、その辺は謎。
そもそもこの物語の基礎を書いたのがすごく前で、なんかつぎはぎの文章が残っていました。掃除していて発見して、折角やからまとめてみようと思ったらほとんどリライトみたいになってしまいました(^_^;)
婚約者アルベールも、もともとはとくに名前はなく、少年と関わらない設定でした。マリーとアルベールの結婚話については、今回のお話の中では少年は知ることはなかったですが、もともとの原稿は、知る設定でした。結婚式に匿名で花を送ったり。
もちろん、彼は、自分は人間なんだか生きてんのかどうだかわかんないから、マリーを彼に譲る、という物語になってまして、マリーはなぜか匿名なのにその祝いの花が、少年からだと気付く、そんな感じになってました。そして自分が思ってる以上に少年が好きだったと気付いて、結婚式を飛び出す!的な。
え?そっちの方がいい?そんな方もあるでしょうか?人それぞれ好みなんでね。
で、最終のシメはどうなったのか。
ショボいというか、なんでやねん??すぎて、自分でも謎で、即却下(笑)
ファンタジー度は今回載せたものより、ファンタジーですが。ファンタジーならなんでもオッケーでもないですからね(笑)。ま、どうしても気になって眠れないという方が万が一いらしたら、メッセージいただけたらお教えします。(笑)

今作では、アルベールには伏線回収とか、夢夢のマリーと少年の真反対の現実にいながら、一番彼らを理解した存在として、あちこちでめっちゃ働いてもらいました。ギャラを払いたいくらいです。

さて、次回作をまた目論んでしまいました。タイトルは「明日のチケット」といいます。いつはじめるか未定ですが、また、よかったらお付き合いください。
ちなみに月花のイラストは、描け次第載せますので、そちらもよろしくお願いします。
でわ。(^◇^)

[PR]
Commented by nakamura-fumine at 2018-09-07 12:36
もうひとつの結末、知りたいです。みんな幸せになれてるといいな。ブログに書かれているお話は、マリー、少年、アルベール全員が納得いく結末で、安心できてよかったです。アルベールがさわやかで(本当は切なかったのかもしれませんが)、すごく救われました。

by文音
Commented by kigaruni_eokaku at 2018-09-07 14:24
> nakamura-fumineさん
コメントありがとうございます。雪雲劇場支配人です。(笑)
うれしいです!そして、月と花、最後までお付き合いいただきましたこと、心より御礼申し上げます。
じつは、近しい友人からももう一個の結末も知りたいと、言ってもらい、そないにええ話ではないので躊躇でしたが、せっかくnakamuraさんにも貴重なお言葉 言っていただきましたので、載せられるタイミングに、載せてみようかと思います。その時にはまたよろしければ、読んでやってください。本当にありがとうございます。
by kigaruni_eokaku | 2018-08-19 22:35 | 物語 | Comments(2)

イラスト教室のレポート 自作のイラスト、手作り品の紹介など。


by kigaruni_eokaku