気軽に始めるイラスト!楽しもう~

kigarunieo.exblog.jp
ブログトップ
b0314689_23070035.jpeg

こんにちは。突然ですが、前にイラスト教室をさせて頂いていた、ロコロナギャラリーさんで、2人展をすることになりました、の記事を編集していたら、ここより後ろの文章が消えた。かなしい。
てなわけで、もとい。
[2人展のごあんない]
展示期間は9/18(火)〜9/23(日・祝)
場所 ロコロナギャラリー Aスペース
OPENーCLOSE
火水金土曜日 12〜19時
日曜日12時〜17時
私の方は、過去作品、最近のブログの物語の挿絵用イラストの原画などをご覧いただけます。
やっちゃんはとても魅力的な、センス抜群のキャラクターです。ぜひギャラリーにお越しいただいて、ほっこりお楽しみください。

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-16 15:16 | いろいろ | Comments(2)
ミカエルのお父さんからの素敵なお土産を手に、バートは母の待つ家に着いた。「ただいま!」久しぶりの息子の声に「バート!え?どうしたの。」母親は驚いて、家事の手を止めて、玄関に慌てて出て来た。「今日は休みなんだ。今の興行場所ならここまで帰れる距離だから、帰らせてもらったんだよ。母さん、元気だった?父さんも。」「ああ、ああ、私たちは元気よ。あんたこそ、サーカスの皆さんに迷惑をかけたりしてないでしょうね。」「うん多分ね。」バートはいたずらっ子のような表情をして「あ、母さん、これ、お土産。って僕が買ったんじゃなくて、頂いたんだけどね。」バートが箱を差し出すと「あら。珍しいわね。お土産なんて。」母親は嬉しそうに箱を受け取り、開けて中身を見た途端にその明るい表情が一変して、真顔になった。箱とガラス細工を持つ手はかすかに震えているように見える。「どうしたの?母さん?きれいすぎてびっくり?僕のセンスじゃないから。あ、それね、オルゴールになってるんだよ。ガラスのとこ、回してみて。」「あ、あぁ・・・。」母親はガラスの所をそうっと回して溢れて来たその曲を聴きながら、さらにその表情がこわばる。さすがに心配になって来てバートが支えて「母さん、大丈夫?急に具合悪くなった?横になる?」「いいえ、大丈夫よ。ありがとう。」とりつくろうように笑顔を見せて静かな低い声で「バート、これを、どこで・・・?」母親は椅子に腰を下ろし、そう尋ねた。バートはミカエルのキャンディーの話、若い頃の団長と、ミカエルのお父さんの話など、今日の出来事を話した。「そうだったの・・・。ありがとう。」立ち上がってバートを抱きしめた。「母さん・・・。だから、僕は買ったわけじゃないし。大げさだよ。」笑って母親から離れ、「あ、父さんは?今年はいつ頃帰れそう?」弾んだ声でバートが言うと「今年は次は初雪が降る頃には帰って来るわ。」バートの父親は工場の機械のメンテナンスの仕事をしている。あちこちの地方や国をまわり、特殊な機械の調整、修理をしている。年に何度かはまとまった日数帰って来るが、ほぼ一年中どこかへ出張のような仕事だ。「その頃、また帰ってこれたらいいなぁ。」無邪気なようすのバートに母親が落ちついた口調で「バート、母さんね、近いうちに団長さんご夫妻に挨拶に行きたいと思ってる。」「そう?わかった。伝えておくね。母さんはこの近くの町で一回興行で見ただけだよね。僕がワンダーランドサーカスの虜になっちゃったあの時。」バートは小学生の頃を思い出す。すぐサーカスに入りたいと言ったら、父親が、キチンと学校を出てから、その時でもまだやりたければ行きなさいと言った。父親は子供のその時だけの思いつきだと思っていたが、バートは幼いなりに真剣に考えいた。
約束通り、高校を卒業して、サーカスの門を叩いた。入団にあたりは、手紙を託しただけで顔を合わせての挨拶はしていない。自分の責任でちゃんとやって欲しいからだと両親はバートに言っていた。
母親は、バートの食事の支度をしながら、久しぶりの里帰りの息子と他愛もない話をしながらも、時折、テーブルに置いたお土産の美しい品を見るには不似合いなけわしい表情をしていた。バートは母のその姿がとても気にかかり、迷ったけれど、帰り際に「僕の思い過ごしだといいんだけど、母さん、あのオルゴールを見るとなんか辛そうな顔になってる気がするんだ。ちがう・・・?」母親は笑って普段の様子で「何言ってるの。そんなことないわよ。さぁ、これ、荷物になるけど、持って行きなさい。」果物と手製の焼き菓子の瓶が入った袋を手渡し「今日は帰って来てくれて、ありがとう。素敵なお土産、ありがとう。」別れ際に涙目になって笑っている母親の様子は、里帰りして、サーカスに戻る時はいつもそうなんだけど、今日はなんだかどこか違うような気がすると思いながら「身体に気をつけてね。また帰って来るから。」母親はバートの両手を握り、何度も頷いてから玄関の戸を開けて息子を送り出した。

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-16 07:53 | 物語 | Comments(0)
お待たせしました!って誰か待っててくださってますかねー。(笑)
8話の挿絵ができました。
若き日の団長と、ミカエルのお父さんです。ちょっと若いかな?でも25年前なんで。
まだきっと生意気なミカエルも可愛い子供だった頃です。多分(笑)。
余談になりますが、ミカエルはあんなえらそうですが、一応お父さんを尊敬してますし、ちゃんとパティシエとしても腕が良いのは、本当なんですよ。当たり前ですが、ケーキとかほかのお菓子もちゃんと作れます。あの飴のデザインも父への尊敬の一部かなと思っています。だいたい本当にお父さんが嫌いなら、隣でお店はやらないですよね(笑)。てなわけで。読んでいただいてありがとうございます。

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-14 19:02 | 物語 | Comments(0)

8話の挿絵について

こんばんは。お話を読んで頂いてる方、ありがとうございます。
すみません。8話のイラスト、うっかり間違えて9話のを先に描いてしまったので、後日載せますね。(⌒-⌒; )なにやってんだか。

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-12 22:10 | 物語 | Comments(0)
b0314689_18510338.jpeg
バートは店の中のガラス細工を見回し指差して、「このオルゴール、僕、知ってるんです。」お父さんは不思議そうに「ほう。どこで見たんだい?」「ワンダーランドサーカスの団長のお嬢さんの部屋です。」「団長さん、なんて名前だね。」「ジム・ポートランスです。」「うっはははは!それはいい。今は団長になってるのか。彼は。私が知ってるのはまだ、父親に指導を仰ぎながら、広報だか、企画だかをしていたころの若いジムだ。」「団長を知ってるんですね!」お父さんは少し空を見るような表情をして、昔を思い出しながら、「ああ、はじめてのお子さんであるお嬢さんが生まれたときに、ちょうどワンダーランドサーカスがこの町の広場で興行していてね。近所のパン屋に来たついでに偶然ジムがうちに立寄って。このオルゴールが気に入ったのだが、中にサーカスのテントや、動物を入れて欲しいと言ってね。当時はこれのように、」お父さんは商品を一つ取り、「花だけを入れていたんで、できるかどうかも分からないし、断ったんだけど、どうしても作ってくれと、やってみてくれって、大事にするからと言われてね。何度も無理だって言ったんだけど。」そう言うと、バートはちょっと恥ずかしくなって頰を少し赤くして「なんか・・・今日の僕みたいですね。」お父さんは「そう言えば、そうだな。」笑い、バートの顔を覗き込んだ。「それで、ジムがあんまりしつこいから、根負けして、言う通りの物を考えて色々作ってみたら、出来たんだ。そしたら、どうだい。結構いいじゃないか。楽しそうで、夢があって。だから、ジムにこれをうちの既製品として商品化させてほしいとお願いしたんだ。そうしたら、彼はこう言った『必ずテントにワンダーランドサーカスの文字をいれてくれるならいい』って。」そう言ってお父さんは大笑い。昔の二人を想像して一緒に笑ったバートは「そうだったんですね。オルゴールは、ずっと大事にされて、今はこの町で生まれたお嬢さんの子供がこれを見て、聴きながら昼寝しています。」お父さんは感慨深く笑みして、「本当にうれしいことだね。で、今日は息子に用だったね。昔話が長くなってすまないね。な、ミカエル、彼の頼みを聞いてあげたらどうだ。」息子をたしなめる。「子供の小遣いで買える駄菓子じゃないんだから。」なかなかウンとは言わない。バートは「僕は販売対象として、大人を考えています。恋が叶うキャンディーとして大人の人に買ってもらうつもりです。」ミカエルは眉間にシワを寄せて、「そんなこと勝手に・・・。」お父さん「面白そうじゃないか。お前の作品をじっくり眺めてくれるんじゃないか?誰かに恋している人には、余計にきれいに、神秘的にみえたりしてな。私は効果あるとおもうけどな。」ミカエルは父君の助言に、やっと「条件付きだ。おれがつける値段で売ること、期間は1ヶ月間だけ。」バートは何度もうなづいて「はい、ありがとうございます!あのー、これ、ダニエルの店でもらってから何度も食べようと思ったんですが、もったいなくて食べられなくて・・・ながめてました。でも、ミカエルさんにも会えたし、食べます。」ワクワクした子供のような顔のバートにミカエルが「悪いけどなー、見た目だけじゃないんだ、このキャンディーはな、」なにやら語りそうになるミカエルに、バートが固まっていると、お父さん「理屈ばかり達者になりおって。かまわんから食べなさい。」早口で言うと、バートはキャンディーを舐めてみて思わず声をあげる。「ああっ。」ミカエルが自慢げな顔をして、「分かったか。うまいだろう。そこらのおばあさんが売ってる駄菓子とは違うってことだ。」バートは真剣な顔でミカエルを見て、「全くその通りです。」素直なバートにやっとミカエルが「今度、ダニエルの店に行くときにお前の分も持っていく。」それだけ言うとカーテンの向こうの自分の店の方に戻って行ってしまった。
小声で父親が、「やれやれ。失礼したね。バートくん。これからサーカスに戻るのかい?」「いいえ。今日は久しぶりに実家の母の所に。」「そうか。サーカスに居たらそうそう里帰りはできないものな。それなら、これを君のお母さんに。」そう言って棚から女性の掌に乗るくらいの花が入った小さなガラス細工のオルゴールを取って、箱に入れるとバートに差し出した。バートは恐縮して「こんな高価な品を頂くわけには!」箱をお父さんの方に押し返す。「きみは、私にとても良い便りを届けてくれた。そのお礼だから遠慮しないで持って行きなさい。」少し間がありバートは笑みを浮かべて「ありがとうございます。団長に、今日のこと伝えますね。」深々と頭を下げて店を後にした。


[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-12 22:04 | 物語 | Comments(0)
b0314689_22530264.jpeg数日後、サーカスのお休みの日にバートは実家に帰ることにした。「団長、すみません。色々雑用あるのに。」団長は、穏やかに「お前はいつも良くやってくれてる。ここからだと列車で3時間くらいだろう。親御さんに顔見せに行って来なさい。」にこっとした後に団長が少し寂しげな顔になったのを見たバートは「あの!団長!僕、サーカスのお客さんを増やすためにちょっと考えていることがあるんです。まだ、言えないんですけど。」そう言ってから団長に歩み寄り、「なんとかなりますって。元気、出してくださいね。」明るい表情をすると、団長も口元をゆるめて笑顔になり、「心配かけて悪いな。ああ、分かったよ。全く、何の根拠もないって分かっていても、お前が言うとなんか元気が出るから不思議だな。」「ははは。すごいでしょ?では行ってきます。」
バートは駅へと向かった。列車の中でカバンの中からメモを出す。ダニエルのおかみさんから、キャンディーを作っている人の工房の場所を教えてもらったのだ。それが幸い実家からそう遠くなかったので、行ってみることにした。実家より1時間ほど手前の駅で降りて、尋ねながら地図の住所のところへ行くと、石の壁、木の扉の小人の家のようなお店兼、工房があった。中に入るとたくさんのキャンディーが雑貨のように魅力的に並んでいた。「いらっしゃい。」30代くらいの男の人がレジカウンターの所に座っていた。「あの・・・、突然すみません。僕、ダニエルの酒場でこのキャンディーを目にして・・・。このキャンディー、あなたが作っているのですか?」男の人は、「ああ、そうだよ。君は?」「あっ。僕、バート・フォックスといいます。ワンダーランドサーカスで見習い中の身なのですが、あなたのキャンディーをうちのサーカスで売らせてもらえないかと。」「おれは、パティシエのミカエル・グリーン。なぜこのキャンディーを?」バートは自分がこのキャンディーの美しさに取り憑かれたこと、サーカスの存続危機のこと、ひと通り話した。「ふうん。だけど、このキャンディー、安くはできないよ。子供のためだけに作っている安物じゃないからね。一番きれいに咲いた花をこだわりのやり方で閉じ込めてこの美しさを出してるんだからな。」バートは気難しい人だなーと思いながらも「はい。それは・・・。でも売らせて欲しいんです。」「サーカスの入場料と変わらない物もあるんだぞ。」バートは店内を見回して「はい。」それでも引かない。すると、ミカエルは「あのー。やんわり断ってるの、分からないかな?」「薄々、分かってますけど、どうしても売りたいんです。サーカスならたくさんの人の目に触れますし、良い宣伝にもなります。」「別に宣伝できなくていい。」憮然としたその態度は一向に変わらない。カラン。カウベルの音がして人の気配。「お前はガンコだな。商売人になりたいのか、芸術家になりたいのか、どっちだ。」バートが振り返ると年配の男性、チェックのシャツに生成りのエプロンをしてベージュのズボンというラフなスタイルなのに、品のある紳士。「いらっしゃい。隣の私の店も見て行ってくださいよ。」「息子の店に来た客を横取りするとは、呆れるね。」どうやらミカエルの父親らしい。バートは案内されたので真ん中にカウベルが付いたカーテンだけで仕切られた父親の店へと行ってみる。「あーーーー!」なんとその店の棚には、見覚えのあるものがあった。サラが持っていたガラス細工のオルゴールだった。

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-10 05:47 | 物語 | Comments(0)

番外ワンダーランド。

b0314689_21582777.jpeg
こんばんは。こんなものを書いてみました。今出てきている登場人物の関連です。どうも自分がうっかり怪しくなる(苦笑)。もちろんサーカスなのでまだまだいっぱいいますが、今、頻繁に出て来る、または、一回でもなんか目立ってる人とか?(笑)カッコの中は年齢です。スポーツ新聞の芸能人みたいですね。(笑)
増えたらまた、足します!

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-08 22:05 | 物語 | Comments(0)
b0314689_22080378.jpegモヤっとした感覚の霧が晴れて、ジャックが頭を動かすとピリっ!「あ。痛っ。」気がつくとマーメイドの、派手なピンクや紫でコーディネートされたベッドに横になっていて、目を開けると「気がついた?大丈夫?」(ん?ん?)「細くなってる。マーメイド。」思わずボソッと呟くと目の前の人は、笑いながら「マーメイドじゃなくてごめんなさい。私はソフィアです。あなたは銀行の方ですよね。父と母がお世話になっています。私、団長の次女です。」「ジャックです。」(おれは一体どうしたっけ?あの、マーメイドがぶっ倒れて来て・・・。)ジャックが思い出そうと黙っていると「マーメイドがね、あなたに、もうちょっとで大怪我させてしまうところだったって。ごめんなさいって。」「で、マーメイドは。」(正直、どうでもいいんだが。)「美容院の予約があるからって、私にあなたの事をお願いって急いで出掛けて行ったわ。」(絶句・・・。)「たまたま他の団員のメンテナンスに来ていたドクターが、診てくださって大事ないって。もし気になることがあったら、いつでも来なさいって、おっしゃっていたわ。」ふわりとソフィアが笑う。ジャックはこの愛らしい賢そうな次女ソフィアの様子にキョトンと彼女を見る。「きみは、なんのパフォーマンスをしているの?」「私は少し前に稽古中に事故してから、サーカスには出ていません。」言葉の内容とは違い、吹っ切れた明るい表情だったが、ジャックはその奥の方にある何かを感じて「それは気の毒に。きみならきっと、ステージで映えるだろうに・・・。」ソフィアは照れ笑いとも、諦めとも取れる表情で、「ありがとうございます。ジャックさん、うちのサーカス、ご覧になられたこと、ありますか?」ジャックはバートに言ったのと同じように「さんは要らないよ。いいや、見たことない。」「どうして?」「私は融資担当者だから、私見が入っちゃいけないからね。帳簿が全てを語ってる。お友達だから、助けてやりたいなんてなったら、この仕事、ぐちゃぐちゃになるからね。」ソフィアは丸いきれいな目を大きくして、「そうなんですね。プロですよね。」ジャックはベッドから起きて、そのベッドの派手さにまた驚いてから、服をきちんと整え、立ち上がる。ソフィアはちょっと心配そうに「本当に大丈夫?」「はい。このベッド見たら、バッチリ目が覚めた。そろそろ銀行に帰らないと。」腕時計に目をやる。「あなたもプロなら、」ジャックは時計からソフィアに目をやる。「私たちもプロです。一度、サーカスを見てください。お願いします。」真剣な彼女の眼差しに吸い込まれそうになる。「あ・・・まぁ・・・考えておきます。」ジャックの一言にソフィアは一変して華やかに笑みして、「どうーか、よろしく。」ステージのアンコールのときにする、踊りのような美しいポーズのお辞儀をした。(とってもきれいだ。)ジャックがポカンとしていると、「じゃあ、私、夜の部の支度がありますから、行きますね。ジャック、また!」テントの方へ走って行った。「勿体ない。彼女がサーカスのパフォーマンスに出ていないなんて。」思わず声に出して独り言を言ってしまう。と、遠くから美しい歌声。(ヤバイ!)「この声は、マーメイド?!」ジャックは、全力疾走で、サーカスを飛び出した。
[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-07 22:58 | 物語 | Comments(2)

台風のあと

仕事で出たのち、人と会うため、町を公共交通機関で移動。信号があちこちダメで、バスの運転手さんも慎重に走ってて、停留所では、おじさんが運転手さんにどの路線のバスは走ってて、どの路線は走ってないのかと尋ねたりしていました。一般の自家用車も慎重に走ってました。
停電は区画ごとではなく、どういう脈絡か、すぐそばの家は灯ってるのに、こっちの家は真っ暗とか、不思議なことになっています。あなたの地域はいかがですか。
商店街も、向かい合っている片方の道は通電していて、もう片方は停電している。お店も開けられず閉まってる。
関電の人も回りきれないほどの世帯数だとは思いますが、困ってる友人の状況を聞いていたら、1分でも早い復旧を祈ります。
今朝は北海道の地震の話も早朝に友人からメールが来て、テレビをつけてびっくり。とても規模が大きな地震が。関西の台風被害もおさまるどころか、状況がじわじわわかって、ショッキングなとこに、この北海道の地震で、あちらもまた、状況がわかればわかるほど、大きな被害に、いったい日本はどうなるのかな?と防災、災害について真剣に水とか、必需品をきちんと用意することを、忘れてはいけないなと改めて思いました。
できれば、そのようなものを持ち出すようなことはどこにも起こって欲しくないですが。普通の生活が奇跡だと感謝せねばと思いました。

[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-06 20:12 | いろいろ | Comments(0)
b0314689_21143429.jpegバートがサラの面倒を見ていた頃、ジャックは今度は団長の奥さんに呼び出されてまた団長の部屋に来ていた。奥さんの親が持つ土地を担保になら、融資してくれるかという相談で、資料を渡されて目を通すが、「一応、うちの上の者とも相談しますし、不動産業者とも話してみますが、おそらく今の状況ではやはり厳しいかと・・・。私としては、先日、ご主人に申し上げたように・・・。」話は良い方向にすぐ変わる様子はなかった。またまた悪い空気の中、話を終えて、外へ歩き出す。(ああ、ここ、禁煙だった。早く街へ行こう。)ジャックがそう思い、歩を早めようとした時、それはもう、楽しげな歌声が聞こえて来た、と、思ったら、バシャッ!!どこから引っ掛けられたか分からないけれど、とにかく結構な量の水をいきなりあびせかけられた。「うわっ!誰だよ!なにするんだ!」思わず叫んでキョロっと見回すと、ジャックの声に、一番近い団員小屋から、バケツを持ったぽっちゃりとした派手な女性が顔を出した。「あんたか。今、水を外へ捨てたのは。」女性は呑気な口調で「ええ。あら、あなた、どうしたの?」ジャックがびしょ濡れなのを見て、とぼけた事をいう。ジャックは息を整え「あんたはバケツの水を捨てた、おれが濡れてる。なんでだ?」「ああ、私のせい?まぁ〜。それはごめんなさい。ちょっと待って、タオル、タオル。」一度引っ込んで出て来ると、タオルをわたされて、「ところで、あなたは?」女性が尋ねる。「おれはパークヒルズ銀行のジャック・フェリーです。」「銀行の方?私はマーサ・マーメイド・シャインストーン」茶色の髪、100キロくらいありそうなふくよかボディー、色白で化粧の濃い満面の笑みがジャックを見つめる。「ま、マーメイド・・・。」ミドルネームに引っかかるジャック。「私にピッタリでしょう。ま、立ち話もなんですから。中へどうぞ。」マーメイドには程遠い、と思ったことは口にせず、とりあえず、荷物を置いてこのびしょ濡れを拭きたいと思い、よく知らないご婦人の部屋だが仕方ないと、ジャックは入り口付近の椅子に荷物を置かせてもらい、洋服を拭いた。マーサはジャックのことはお構いなしに勝手に喋る「私ね、サーカスではダンスやアクロバット、色々するのよ。元々は空中ブランコ乗りになりたくて。エディーのことが好きだったのよねー。エディーもきっと私のことが好きだったわね。」ジャックはタオルを持つ手を動かしながら首を傾ける。(ん?エディーさんて、確かこのサーカスのポスターにも出てるハンサムな空中ブランコ乗りの花形さんだよな。ペアの女性が奥さんじゃなかったっけ?)「彼ったら、私の手を掴むと、ドキドキして失敗しちゃうから、きっとペアを断念したんだわ。」(いや、理由はそこじゃないだろう。)「ほら、私って自分で言うのもなんだけど、可愛いでしょう。エディーはすっごく優しいから失敗して私をネットに落とすなんて、耐えられないって思ったんじゃないかしら。ウフフ。でも私は何人もの男性に言い寄られていたから、エディーは私を諦めるために、ディアナと結婚したのよ。」ジャックは相槌の打ち方がわからないまま彼女が勝手に喋るに任せていたら今度は小声になり、「ここだけの話、私、ほかのサーカスから、たくさん引き抜きの話もあったの。でも全部断ったわ。だって、私が居なくなったらこのサーカスは、成り立たないもの。フフフ。ジャック、お茶でもいかが?」そろそろお腹いっぱいになったところでお茶など要らないと思ったジャックは「お茶は結構です。あ、タオル、ありがとうございました。」(って、なんでおれが礼を言ってんだ。)立ち去ろうとしたら「あら!じゃあ甘いものはいかが?アップルパイがあるの」そう言って立ち上がり、彼女はアップルパイの入った入れ物を取ろうとして、歩き出すと床にあったモップにつまずき、ジャックに寄りかかるように倒れてしまった。「ウワー!」「ああーごめんなさい!」ジャックは支えようと思ったけれど、不意のことでは到底無理で、柱の角に頭をぶつけてしまい、気を失った。
[PR]
# by kigaruni_eokaku | 2018-09-05 23:00 | 物語 | Comments(4)

イラスト教室のレポート 自作のイラスト、手作り品の紹介など。


by kigaruni_eokaku